ナナメッティを実際使ってみた使用感レビューと感想

ナナメッティ nanameッティグッズ&ギア

特段ティーの素材などにこだわりは無かったのですが

先日ゴルフショップへティーを買い足しに行くと、ふと見慣れない商品が…!

ナナメッティ nanameッティ

確かに見たこと無いね~

なんとティーを変えるだけで、飛距離が9.1Yもアップするというので

これは買って試してみるしかないと思い、購入と共に数ラウンド試してきましたので

その使用感と感想をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ナナメッティとは

有限会社ヒッツという会社が2012年に発売して累計250万本も売れているゴルフのティーがナナメッティです。

正式名称は「na・na・meッティ」

開発の経緯は世界のツアープロの多くがティを傾けていることに注目して開発された商品で、通常のティと比べて、ドライバーに与える抵抗を軽減することが可能に。

また、ティを目標方向に倒すことで、インパクト時に若干フェースが閉じた状態でボールをとらえるため、バックスピンが抑えられ、飛距離アップにも貢献してくれるというまさに画期的な商品なんです。

はえ~めっちゃ売れてるんだね

プロゴルファーのツアーを見るとたまにティーを斜めに刺していることがあると思います。

ティーを斜めにすることによって

  • ボールが吹き上がって飛距離が出ない
  • ボールが途中で失速してしまう
  • アゲインストの風にボールが負けてしまう
  • 落ちてからのランがほとんど無い

このような悩みが解決されます!

ティーが斜めにすることにより、飛距離ロスの原因とも言える

バックスピン量を抑えることが出来、通常のティーよりゴルフクラブとティーの当たった時の抵抗も減るので、その分上記の悩みを解決に導けるというものなんです。

飛距離に悩んでいる人やボールが吹き上がってしまう人などにかなりオススメのティーですね。

ナナメッティの使い方(刺し方)

ナナメッティの刺し方は通常のティーと大きくは変わりません。

気持ち斜めに刺すイメージですが、ボールを乗せる位置がしっかり上を向いてくれているので、ボールがこぼれ落ちることはありません。

ナナメッティ nanameッティ

(通常のティーよりボールを包み込んでくれるようです)

ナナメッティ nanameッティ

(実際にコースで差し込んでみるとこんな感じ)

この画像だと分かりにくいかもしれないので、通常のティーと比較すると

ナナメッティ nanameッティ

こんな感じでかなり前に出ているんです。

ナナメッティ nanameッティ

上から覗いても少し出ているのが分かりますね。

この出ている分だけ、抵抗が少なくなり、スピン量が減るんですね。

スポンサーリンク

ナナメッティの評価

さて実際に使った感想はどうかと言うと

抵抗は間違いなく少なくなったと感じます。

打った時にティーに当たる感覚がこんなにもあったのか~と思うほど

ナナメッティにすると抵抗感が少なくなります。

ちょっと振るイメージを出しにくかったのですが、だんだん慣れてくると気持ちよく振り抜けます。

実際に飛距離が伸びたか…というとハッキリとは分かりませんが

ランが伸びたように感じるボールが何回かあり、効果を感じることが出来たと思います。

私はプロほどの腕じゃ無いので、毎回安定してスイングもインパクトも出来ている訳じゃ無いので

1回、1回を比較しても分かりにくいので、はっきりとした数値はプロが実際に試した数字を紹介します。

UUUM GOLF内のなみき研究所で芹澤プロが実際にナナメッティを試して、通常のティーと比較してくれています。

その結果がこちら

平均値ヘッドスピードスピン量打ち出し角度トータル
通常ティー41.12506.215.6257.6
ナナメッティ41.72267.815.2259.4

引用動画:「ティー」を変えるだけで飛距離は変わる?プロも検証してみた結果・・・?【なみき研究所】

スピン量がしっかり減っているんですよね。

ショットが安定しているプロが試して、しっかりとスピン量が減っているとなると

アマチュアゴルファーの私たちが使用してもスピン量が減るということになると思うので

飛距離ロスの要因の1つになるスピン量を減らせることが出来るので、効果はあるんですね。

スポンサーリンク

ただ1点気になることがあります。

ボールを置く位置をどこにするのがベストなのか問題です。

(通常ティーと同じにするとインパクトする位置がズレる)

例えば、左足の母指球当たり(右打ちの場合)にボールを置くアドレスを取ると

ナナメッティの場合はつま先辺りに来るんですよね。

私は最初通常のティーと同じ位置でアドレスをして打っていたんですが

インパクト位置が先になるためなのか、フェースが開いてしまう感覚があり

右に真っ直ぐやスライスしてしまうケースが何度かあったので、通常のティーよりやや中央側へ置くようにしています。

見た目の違和感にも慣れないといけないのですが、ボールを置く位置も少し慣れが必要な商品になってます。

しかしながら、芹澤プロの数字もありますし、私自身も打っていてかなり気に入りました!

ボールが少し前にある感じが気持ちよく振れるイメージが出ますし、実際も抵抗感がほぼ無いので、こちらも気持ちよく振り抜けます。

飛距離も伸びている感じするし、余談ですが抵抗が無いのかティーが折れる気配もありません。

通常のティーより高めの価格設定ですが、折れる心配が無いことを考えるとコスパも非常にいいのではないでしょうか。

私はしばらくナナメッティでラウンドを続けていこうと思ってます。

ナナメッティの種類

私が今回購入したのは「na・na・meッティ 16」ですが、ナナメッティには種類があります。

ナナメッティ nanameッティ

16と書いてあるのは斜めにする角度なんですね。

なので、私が購入したのは16度ということになります。

で、ナナメッティには13度・16度・18度の3種類があります。

基本的にはヘッドスピードによって角度が異なるようなので、ご自分のヘッドスピードに合わせて購入を検討された方がよいと思います。

私はヘッドスピードは41m/s程度なので、16度を購入しましたが、違和感なく使用できているので、こちらの目安を使用するので問題無いでしょう。

場合によっては13度にしてもいいかな~と思ったりしていますが

ティーを刺す時に少し調整出来るので、基準のナナメッティを購入して、アゲインストが強い時に少し傾けるなどして利用することもいいと思います!

まとめ

グッツの中でもこだわりが少ないかも知れないティーですが、こだわりを持ってみるとゴルフが楽しくなったり、スコアが安定するかもしれません。

私はナナメッティをかなり気に入ったので、しばらくは頼っていこうと思います。

みなさんもぜひ試してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました