ゴルフのアンダーウェアは夏こそ着よう!【オススメも合わせて紹介】

アンダーウェアを着てアプローチする男性 グッズ&ギア

夏のゴルフはポロシャツ1枚でラウンドしている人も多いのではないでしょうか。

しかしポロシャツ1枚のラウンドでは

「汗がベッタリついちゃって気持ち悪い」

「日焼けが凄くて、疲れを感じる」

なんて人も多いのではないでしょうか。

そんな方にオススメなのがアンダーウェアです!

寒くなってから着ると思いがちなアンダーウェアですが、夏こそ着るべきなんです!

そこでアンダーウェアを着るべき理由とオススメのアンダーウェアを紹介していきます。

スポンサーリンク

夏こそアンダーウェアを着るべき理由

アンダーウェアを着たアプローチする男性

真夏に長袖のアンダーウェアを着るなんて無理!と思う人も多いでしょう。

しかし夏の強い紫外線を浴びてゴルフをすると、プレーにも影響が出てしまいます。

日焼けからの疲労を守る

日焼けをするといつもより疲れた感じがしませんか?

結構疲れた感じする

それにはちゃんと理由があるんだ

肌を守るために必要なのはメラニンです。メラニンによって肌は紫外線から守られますが、同時に日焼けという症状に。

そしてメラニンを作る時に一緒に生成されてしまうのが、活性酸素なのです。

活性酸素には体を傷つける側面もあるので、体内では活性酸素を除去しようとする動きが開始されます。

それによって、疲労物質が蓄積されて疲れを感じてしまうのです。

引用元:日焼け後の疲労感に理由はあるの? 体内で起こっていること

やはり日焼けをすると疲れを感じやすくなるんですね。

1日ラウンドするには体力を消耗上に日焼けまでして消耗していたらスコアにも影響が出てしまいます。

なのでアンダーウェアを着て日焼けから肌を守ることが大切なんです。

ベタつきが気にならない

夏の日差しと蒸し暑さで大量の汗をかくと感じる肌のベタつき。

大量の汗をかくとどうしてもベタついてきてしまうものですよね。

ラウンドしていると、ベタついた肌が気になってきてしまうこともあります。

またポロシャツ1枚でラウンドしていると肌とポロシャツがベタってくっついて不快な思いをすることも..。

確かにポロシャツ1枚だとそうなるよね…。

最近では吸汗速乾性のあるものがほとんどなので、アンダーウェアを着るだけで汗のベタつきを感じなくなります。

また通気性もいいものが多いので、涼しくて快適なラウンドを可能にしてくれます。

私も毎回アンダーウェアを着るようになってからめちゃくちゃ快適です!

スポンサーリンク

オススメのアンダーウェア3選を紹介

アンダーウェアを着たティーショットする男性

夏の激しい紫外線から体を守れて、ゴルフスイングへの影響が無いアンダーウェアを紹介していきます。

ミズノ バイオギア ソーラーカット

まずオススメしたいのがこちら!

ミズノは技術力が高くていい商品が多いよね

「遮熱」+「通気」という言葉の通り、袖と身頃上部は生地に「ソーラーカット・UVカット」を採用していてきっちり遮熱。その他の部分はメッシュ素材になっていて通気性に優れています。

またミズノの「ダイナモーションフィット」を採用しているため、フィット感が高まり、動きやすさが向上するんです。

ほどよいフィット感でプレー時も全く気にならず、快適なラウンドにしてくれるアンダーウェアです。

UNDER ARMOUR ヒートギア

続いてはこちら!

アンダーウェアと言えば、UNDER ARMOURだよね!

アンダーアーマー独自の「モイスチャートランスポートシステム」という、汗をかくと同時に素早く水分を吸収し気化させ外部に発散させる構造で、身体を常にドライで快適な状態にしてくれます。

また身体に密着(加圧)させる事で筋肉の無駄な振動を抑制させ疲労を軽減させる効果と、ぴったりと密着する分、常にドライで清潔な状態を維持してくれるんです。

選べる色も豊富で、上に着るポロシャツに合わせて選択出来る点もGood!

まさに至れり尽くせりのアンダーウェアです。

ミズノ バイオギア ドライアクセルST

最後にご紹介するのがこちら!

以前私も着ていました!

またしてもミズノ製品をご紹介します。

肌離れの良い編地を採用していて、肌面のベタつきを軽減することはもちろん、紫外線をカットし、日焼けから肌を守ってくれます。

こちらも「ダイナモーションフィット」が採用されていて「動きやすさ」を科学した、快適モーション設計になっているので、ゴルフのスイングを邪魔することはありません。

ミズノ製品は本当に優秀で、ゴルフをするときに最適なアンダーウェアを提供してくれます。

スポンサーリンク

まとめ

夏のゴルフを快適にラウンドするためには、アンダーウェアは必須です。

「暑いから長袖なんて着てられない」という方もぜひ試してみてください。

驚くほど快適なラウンドが可能になりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました