【高麗とベントの違い】あなたは知ってる?2つの違いまとめ

高麗とベントの違い 初心者向け

ゴルフコースで今日のグリーンを確認すると「高麗」とか「ベント」って書かれていることありますよね?

また最近ではスコア管理アプリに条件を入力するときにも「高麗」と「ベント」を入力するときもありますよね。

でも2つの違いってみなさん知っていますか?

そこで、意外と知らない!?高麗とベントの違いについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

高麗とベントの違い

グリーンに使用している芝生の種類で名称が異なるんです。

高麗芝は暑さに強い「暖地型芝草(夏芝)」と呼ばれる日本芝で、ベント芝は寒さに強い「寒地型芝草(冬芝)」と呼ばれる西洋芝です。

高麗芝は日本の高温多湿の気候に合っている芝と言わていてます。

冬は休眠期に入ってしまうため、色が茶色くなってしまいますが、暖かくなってくるとまた緑色に戻ってきます。

芝生の色によって季節を感じることができるというのも、日本芝ならではの特徴です。

四季が特徴の日本ぽいね!

一方ベント芝は寒さに強く、冬でもきれいな緑色をしているのが特徴です。

以前は暑さに弱くて、日本(主に西日本)には適していないと言われていたそうですが、近年品種改良なども進み夏にも強い芝が生まれています。

暑さに強い芝が生まれてきたことにより、日本でもほとんどのゴルフ場で導入されているようになりました。

最近では高麗グリーンを見ることの方が珍しくなってきましたよね。

スポンサーリンク

高麗芝の特徴

高麗芝とゴルフボール

高麗芝の特徴はなんといっても、葉幅が狭く密度も高いく、強いこと。

強い芝なので、生えている方向と反対側からボールを転がすと抵抗が強くなります。

これがよく言われる「芝目が強い」ということですね。

生えている方向に打つ「順目」の場合は、転がる速度も速くなりますし、傾斜方向に生えている場合は思ったよりも曲がっていきます。

逆も同じで、生えている方向と逆である「逆目」の場合は、転がる速度が遅いので強めに打たないと距離感が合いませんし、傾斜方向とは逆に生えている場合は、思ったより曲がりません。

また強い芝なので踏み圧などの痛みにも強いのが高麗芝の特徴。

ボールマークやスパイク跡が付きにくいので、比較的キレイに整っているケールが多いです。

しかし、抵抗を受けないと言うことはボールのスピンなどの影響も受けないので、ピタっと止まるアプローチなどを打つことが難しくなります。

いかぺいにそれ関係ある?

初心者が意識しすぎることは無いけど、知識として覚えておこう!

傾斜を読むと同時に芝目も意識しないとアプローチやパットに大きな影響が出るが高麗芝の特徴です。

冬は茶色になってしまうので、不人気な側面もあるみたいですが、日本の気候に合った芝なので採用しているゴルフコースもまだまだあります。

スタート前にしっかり確認をして「高麗芝」であった場合は、芝目を読むことと、抵抗が強い分少し強めのアプローチやパットを意識してみるといいでしょう。

ベント芝の特徴

ベント芝とゴルフボール

ベント芝の特徴は、高麗芝と比較して葉は柔らかく細めであることです。

また葉の密集度も高くて寒さにも強いので、冬でもキレイな緑色をキープできることが特徴。

日本でも沖縄を除いて、多くのコースが採用しているのがベント芝です。

葉が柔らかいので、抵抗が弱めで、「芝目が弱い」と言われたりしています。

抵抗が弱いということは、傾斜通りにボールが転がってくれますし、芝を短く刈り込めば、高速なグリーンを作り出すことも可能になります。

プロツアーとかを見て超高速グリーンで難しい!なんて言われているのは、ベント芝であるんですね。

なるほど。そうゆうことだったのね!

ゴルファー目線で見れば、距離感を掴みやすく傾斜通りに曲がってくれるので、攻略しやすくなるでしょう。

品種改良によって暑さにも強くなってきていて、1年中キレイな緑色をしているベント芝を採用するコースが増えてきているのも納得です。

スポンサーリンク

まとめ

高麗とベントの違いについていかがでしょうか。

グリーンの芝の違いについて、それぞれの特徴を理解することによりスコアアップにも繋がっていきますよね。

意外と知らない人も多いかもしれないので、ゴルフトークの1つとして覚えておいても面白いと思います。

それぞれの違いを意識して、グリーンを攻略していきましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました